住宅を強くする

鉄骨を組み立てていく

どのような症状になったら、塗装するのか

外壁塗装というのはどのタイミングで塗り替えるべきなのでしょうか。一般的には10年から15年で経年劣化していくと言われています。しかし、すべての土地の環境が同じ条件ではありません。 例えば、海岸線の近くであれば潮風にさらされているわけです。 ですから、一概に10年とかではなくまず、自分の目で確認する時のポイントを押さえておきましょう。 まずは、色の変化を見ましょう、これは塗膜が剥がれているかの確認です。この塗膜が外壁を守ってくれているので重要です。 モルタル部分やサイディングのひび割れに注意しましょう。

現れる症状について

このひび割れが大きい場合、中の木の部分まで雨水などが入り込む恐れがあります。 もし中まで浸透した場合、木が腐るので注意が必要です。この場合、外壁塗装業者に連絡することも視野に入れておきましょう。 チョーキング。外壁を手で触ると白い粉状のものが付着する場合、塗装の劣化の恐れに注意して下さい。 これも外壁塗装業者に連絡するほうがいいかもしれません。 鉄部の錆び、木部の腐りこれらは発見しやすいので注意しましょう。 そしてカビやコケ。繁殖しやすい環境の時は適度に清掃しましょう。この繁殖を許すと外壁が傷みやすくなるため注意しましょう。 以上が目で見てわかりやすい外壁の傷みです。 発見した場合適切な対処をしましょう。そうすれば、家の寿命も伸びるはずです。

注目の記事