さまざまな種類

ドリルで穴をあけていく

外壁塗装に使う塗料について

外壁塗装を考えた場合、いろいろな種類の塗料があります。 外壁塗装の耐用年数は、大体10年位が目安といわれているので、初めて家を建てる方もリフォームをする方も参考に塗料についてみてみましょう。 まず水性と油性があります。油性は更に1液型、2液型に分かれ1液型は缶を開けて直接塗れますが、2液型は混ぜて使うものと考えて下さい。 そして塗料の種類です。これは、外壁塗装や、屋根の塗装も同じ物を使用します。 アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂この順番に値段が高くなっています。

塗料の種類、その特徴など

ウレタン樹脂。主に木部に使用されます。硬度や耐候性にすぐれ剥がれ難いのが特徴になります。 シリコン樹脂。人体にやさしく地球上にたくさん埋蔵されているので安心して利用できます。耐候性に優れ、汚れがつき難く取れやすいといわれています。これは値段も高めです。 そして光触媒塗料、太陽光と雨だけで綺麗になるという優れものがあり、こちらも値段は高めになります。 このように様々な種類の中から外壁塗装をする場合選ぶことになります。 もちろん費用は相当高くなります。しかし、いい物だから耐用年数は長くなるとは限りません。 その外壁塗装業者にもよると思われます。さらに住宅の環境も影響を与えると思います。 ですから安い物を短期間で何度か塗り直すなど、自分にあった工夫が必要になるでしょう。

注目の記事